Text Size : A A A
| Top | Schedule | Diary | News | Profile | Contact | Access |





明日7月18日(水)は仕入れのため、午後3時半にて営業を終了します。






Img_2923d05534cce2d3c4f62e739d0852c1





毎日毎日嫌になるほど暑いですね。


水分補給を忘れずに!!




梅雨明け後厳しい暑さが続いています。

西日本の豪雨から1週間経ちましたが、日ごとに増えていく犠牲者の数と悲惨な被災地の現状に心が痛みます。

復旧作業をされる人たちに容赦なく照り付ける太陽。

自然の厳しさを前にして手も足も出ない状態です。

豊かさや便利さばかりを追い求めてきた人間へのしっぺ返しなんでしょうか・・・。

地方の自然の中で静かに暮らしておられる方ばかりが毎回犠牲になる。

無情と言う言葉しか出て来ません・・・。





先月の展示会で注文いただいた竹の作品がいくつか出来上がってきました。


あらためて美しい竹細工です。
Img_550e6755b023431c59049ff61193352f
Img_7e4814b2fa0fbbd2652fab51c7ed173e
          菓子皿。
Img_f6534e931b97d8ca010341f1ffef0d1f
      香炉カバー。    
Img_25d8db441e22c270024b52234826b0b9
          買い物かご。



引き続き酷暑となりそうです。

どうぞみなさま無理をされませんように。



tamaki niimeの暦シリーズ、9月は「インディゴブルー」です。


今までにない色合いと生地感。

onlyの生地よりも厚く、deniime の生地よりも薄い、tamaki niime の作品の中に今までありそでなかった、中間の厚さで適度にコシのある生地です。


Img_6eeeb21fa109c9e99ec85dbb8bf1ce0e



鮮やかな色使いのtamaki niimeを楽しんでこられたかたにおすすめです。

初秋の装いにいかがでしょうか^^



急で申し訳ありませんが、本日は大雨のためお店の方は臨時休業とさせていただきます。


来週火曜日より通常通り営業いたします。


どうぞよろしくお願いします。


                          空のいろ




今月より新しく常設で置かせていただくことになった『小谷康弘』さんの器を紹介します。


滋賀県高島市で作陶をされている小谷氏は、京都市内にご自身の作品を展示するギャラリーが

あり、主に京都、滋賀を中心に個展活動をされています。


大学、大学院と絵画を専攻して来られた小谷氏ですが、器にはあまり絵付けをされないとのことで

主に、粉引き、青銅釉、黒釉のシンプルな器を中心に制作されています。


どことなくアンティークな佇まいの花入れは、ヨーロッパの古い洋館に飾ってありそうな

レトロな雰囲気ですね。
Img_20bec01c27817231f3af694066f0d429
        銅錆釉瓶、粉引ミルクピッチャー
Img_c4a3e271d0479928e3abe91998e3f8af
粉引しのぎゴブレット
Img_85ceda91200a83e1ecc97045f6e94b5d
           ゴブレットを花器に見立てて。
Img_1b5e974676c6ed28325a72f29794baa1
         黒彩 ロウソク立て皿
Img_2a49937dbf31a6b1c0ad3fc8d4ac749f
Img_d1c7f83adeaf17807b65ef3d7ac9a236
            粉引しのぎボウル



こちらは打って変わって純和風の三島手の器。

平鉢は日常の家庭料理に欠かせないアイテムですね。
Img_9d078621f62a2bbcd4d42dc470447e66
Img_6de195fa53016d06bc4b1264d9bf07b4
               粉引三島浅鉢
Img_23e8bc55d8036214900c013506430589
        粉引三島醤油さし皿



只今空のいろは常設展となっております。


石原清氏の水彩画もご覧になれます。


色々楽しめる店内になっておりますのでどうぞいらしてくださいね。